人気ブログランキング |

「カレー」はならどっとFMで毎月第1金曜PM4:30~に引っ越し、「784なら学校」は毎火曜PM5:00~オンエアーしていますm(__)m
by yo2211
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
大変失礼しました。お返事..
by 青木鐵夫 at 19:57
> 青木鐵夫さん 青木..
by yo2211 at 08:08
嘉永さんありがとうござい..
by いづみ at 19:43
先日はご一緒していたんで..
by バイセンマン at 10:58
前澤ママさま お早うござ..
by yo2211 at 08:08
こんばんは。先日も暑い中..
by トラットリア前澤ママです at 18:44
きょうこ様 こんにちは。..
by yo2211 at 16:22
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 23:30
杉野様 お早うございます..
by yo2211 at 08:19
今晩は、始めてメールいた..
by 杉野和正 at 19:43
メモ帳
conversation..
from conversational..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 09月 25日

9月のお客様は清水宏泰さん

「大和すくね相撲甚句会」会長さまです。
d0170871_1659161.jpg


桜井市穴師の相撲神社は「国技発祥の地 天覧角力開祖」の地であり
昨年7月7日、相撲の始祖「野見宿禰」を顕彰する石碑「勝利之聖」の
序幕式を執り行うことになりました。
そこで『地元の人々による「相撲甚句」はどうだろう。』と清水さんの元に
お話がありました。
『それでは !!! 』と、お知り合いに声をかけ、その年4月18日に発足したのが
「大和すくね相撲甚句会」なのです。
d0170871_1701196.jpg

d0170871_1705173.jpg

d0170871_1713279.jpg


奇しきご縁なのでしょうか、清水さんはかって桜井の子供相撲で優勝され
東京の両国国技館の全国大会に出場されたことがあったそうです。

今もご立派な体格に、その当時のりりしい姿の面影を見ることができます。


さて「相撲甚句」とは
 江戸時代享保年間に流行歌として定着。
 お相撲さんが花相撲、地方巡業、タニマチ筋のお座敷でも披露されており
 独特の節回しと歌詞が特徴です。

例えば、本唄「奈良県名所」は
     ♪ 奈良の名所を 甚句にとけばヨー (から始まり)
         (途中から) 月もうつりし猿沢の
            (途中から) 明日香の里やら古墳やら ♪

     まるで唄でその地を巡っているような気分。


     本唄「鶴と亀」
      ♪ 鶴さん亀にプロポーズ ~
        亀さんすげなく断った
       (途中飛ばして)鶴は千年 亀万年
                 もしもそなたが死んだら
                 九千年もわしゃ後家よ ~  ♪


  7.7.7.5調にオチがついています。 何とも粋ですね。

 『 ドスコイ 』、『 ホイ 』のあいの手のみ、拍子木だけで楽器はありません。

人数が揃えば出張、出前可能だとか。


今では地元の介護施設、ふれあいサロン、今年は9月6日の「大和桜井万葉まつり」
でも披露されています。

将来は「観光大使」も仰せつかるとか。

益々のご活躍をお祈りしています。

お忙しい中を時間頂いて有難うございました。


この度の「東日本大震災」では、いち早く仮設住宅を慰問、必要物資をたずね
桜井に帰られてから、早速掃除機50台を寄贈されました。
被災地の方々はお喜びだったでしょうね。
by yo2211 | 2014-09-25 17:09 | 自由律俳句 | Comments(0)
2014年 08月 19日

8月のお客様は三橋玄さん。

桜井市出雲在住の「三橋玄」さんです。

今年のお正月桜井市桜井「等彌神社」さんで「翼」。
d0170871_711613.jpg


春3月桜井市初瀬「茶房 長谷路」さんで「蠢動」。
d0170871_7121054.jpg


作品紹介のパンフから。左下は伝板蓋宮跡で飛鳥光の回廊「朱雀」。
d0170871_713438.jpg

d0170871_7132753.jpg


制作は現場で1週間~10日間、竹の切りだしから含めると約3カ月も要するそうです。
屋外の作品は高さ約14~5m、幅22~24mの大作。

   『何故 竹ですか ? 』と問えば、
   『自然の中で手に入る身近な素材だから。』と答えられた。
   『竹は人間が手を入れる事で、美しくなり、良い竹林を保てる。』と持論。
竹に大変愛情をもっておられます。

将来は竹林で音楽イベント、結婚式、誰でも癒される散歩道の整備も考えておられます。
これらは「竹の国」事業の一環といえます。


今後のご予定。
   ①9月13.14日 飛鳥光の回廊「飛鳥坐神社」にて
   ②9月27日~10月5日 名張市「センサート ギャラリー」にて個展
   ③10月19日 桜井市「土舞台」にて小学生と一緒に音楽コンサート
   ④11月1日~9日 奈良市平城宮跡にて「秋の天平祭」四神展示発表


個性的な風貌の三橋先生のリクエスト曲も個性的です。
  友人「常味祐司」さんのウード演奏、「タリーク」より
    「クッル・ダ・カン・レ/私の人生に起こったすべてのこと」でした。
d0170871_714871.jpg

アラブの楽器「ウード」は西に伝わり「琵琶」、東は「ギター」に進化していきました。

演奏を聞けばシルクロードの静かなバザールに居るような気分になります。


大変お忙しい中、時間を頂いて有難うございました。
益々のご活躍をお祈りしています。
by yo2211 | 2014-08-19 07:18 | 自由律俳句 | Comments(0)
2014年 07月 21日

7月のお客様は吉岡萬理さん。

桜井市初瀬在住の陶芸作家「吉岡萬理」さんです。
d0170871_11263857.jpg

作品は夢見るように楽しい001.gif 赤色が効いています。
朝一番このカップでコーヒーの飲むと何だかモチベーションがあがるのです。

ご自身もラテン系がお好きだとか。

工房環境はバツグン。
初瀬川の涼しげな水音。
d0170871_11272746.jpg

庭にはご自身の作品が無造作にあちこちと。
d0170871_11274745.jpg

ここで個展も催されます。
d0170871_11282629.jpg

d0170871_1136324.jpg

d0170871_11423172.jpg

他に鎌倉、明石、高知、人吉(熊本)、さいたま、岡山、益田(鳥取)、東京、筑紫野と
縦横無尽のご活躍です。

このたびも埼玉での会期中、一旦帰られた時の時間を頂いてのインタビューで、
お話は面白く、作品の構想、初瀬の歴史など幅広く、とに角時間を忘れるくらいでした。

作品は地元初瀬でも買えます。
「やまとびと」さん。
d0170871_11303040.jpg

d0170871_11305164.jpg


「わらしべ長者の里 泊瀬長者亭」さん。
d0170871_11314599.jpg



お忙しいところを有難うございました。
益々のご活躍をお祈り申し上げています。
by yo2211 | 2014-07-21 11:37 | 自由律俳句 | Comments(0)
2014年 06月 22日

6月のお客様は堀井清孝さんです。

長谷寺参道の「やまとびとのこころ店」の社長さま。
また「共栄印刷株式会社」の社長さまでもあります。
フリーペーパー「やまとびと」の発行元さん。
d0170871_1618552.jpg

d0170871_16184759.jpg


お訪ねするキッカケは奈良新聞の記事。引き出しに入れていました。
d0170871_1625191.jpg


江戸時代 伊勢参りの途中人々にお土産として親しまれていた名物「女夫(メオト)饅頭」を
復活されました。
春日神社権宮司岡本彰夫先生のご指導の元、奈良市の和菓子店「樫舎」さんの協力を
得てみごと復活に至ったのでした。
形は上が白で薯蕷風こし餡、下が赤の酒饅頭こし餡、この上下に挟まれて粒餡と3層に
なった小判型になっています。
d0170871_16292468.jpg


食べる時は一旦蒸した方がいいとか。
私はそのままいただきましたが甘さ控えめで美味しかったです。
d0170871_16301553.jpg

d0170871_16454612.jpg

堀井さんはマルチ人間さん。こうと決めるととことん追求される方です。

北海道小樽市に行けば、「小樽運河」保存運動に尽されたデザイナー藤森茂男氏を知り
『デジナーレ』という藤森氏の画集を刊行されました。
d0170871_16313364.jpg

通販サイトアマゾンで買えます。

また来たる秋9月15日(祝・月)十津川村「ホテル昴」にての
『紀伊半島大水害復興支援コンサート」を立ち上げられる予定だそうです。
収益金はすべて寄付されます。
野外ステージ、青々とした芝生の上で聞く音楽っていいですね。
この大水害で「ホテル昴」もフロントの床まで水浸しの被害にあいました。

遊び心もいっぱい005.gif
インタビューを終えて外に出ると、ワゴン車の中に「まっ黄のホイールカバー4枚」が
積みこまれていました。
ご自分で塗られたそうです。
走るとさぞや楽しいでしょうね003.gif

奈良の益々の発展期待されます。

お忙しい中有難うございました。
by yo2211 | 2014-06-22 16:47 | 自由律俳句 | Comments(0)
2014年 05月 22日

5月のお客様は水野佳珠さん。

桜井市出雲在住、大和の「出雲土人形」の窯元さんです。
d0170871_13573275.jpg

d0170871_135801.jpg

d0170871_1358226.jpg


「出雲土人形」は奈良県の伝統工芸品として知られています。

歴史は古く、「日本書紀」垂仁天皇条に記されている野見宿禰を先祖にもつ土師氏の
子孫が作る土人形とされています。
ということは縄文時代まで遡るのかしら。
近くの桜井東中学校校庭から縄文式土器が出土していますし、
出雲の東から初瀬小学校あたりは、昔の「君殿庄」。多数の祭祀用土器が出土して
います。
詳しいことは判りません。

江戸時代に「お伊勢参り」「長谷寺参り」のお土産品として販売され、出雲村あげて
人形作りをしていたといわれています。
いちだい地場産業だったのですね。

土作り、型押し、焼成、彩色と分業だった作業が、今では出雲でただ一軒、水野家だけに
なっています。
d0170871_1401741.jpg

作品の種類として代表的な「俵牛」、ほかに「布袋」、「力士」、「一匹猿」、「三番叟」
与喜天満宮に因んで「天神」、「寝牛」、あと干支のにわとり、うさぎなどあります。


工程は、土を練って型で抜く。
d0170871_1405716.jpg


小さい窯で一昼夜焼く。
d0170871_141208.jpg


焼きあがった作品を冷やす。
d0170871_1414093.jpg


胡粉をかけて、泥絵具で彩色。
d0170871_1415845.jpg


素焼きにかかせないのが「もみ殻」。
d0170871_1423772.jpg

米作りをしていないと、人形作りは出来ないと話されました。1年分確保されています。

作業で一番難しいのは胡粉かけと彩色。
季節によって溶くにかわの量の調整が微妙に違うとか。


水野さんは非常に研究熱心な方。
古い製法を受け継ぎつつ、新しいことに挑戦されています。

『 頑張れ !!! 水野さん !!! 』049.gif

益々のご活躍お祈りしています。
by yo2211 | 2014-05-22 14:06 | 自由律俳句 | Comments(0)